Slider

スマホ時代の受験生向け情報発信

2018年問題に備えて、魅力的な大学に改革し、選ばれる大学になる事は最も重要な課題です。その次に重要なのが、対象となる学生にタイムリーに情報を届ける事です。情報が氾濫する中、学生達はパソコンよりスマートフォンを使って、リアルタイムに多くの情報を取捨選択しています。費用を掛けたホームページも、ユニークな動画も、スマートフォンで簡単に見て頂く仕組みがなければ、効果は望めません。折角、ユニークな動画を作っても、Youtube に掲載しておくだけでは対象となる学生に見てもらう事は出来ません。

 

チラシ・ポスター・ダイレクトメールなどの印刷物から、その場で簡単に動画で学校紹介を見てもらう事は大きな効果が有ります。先輩諸氏の写真にかざせば動画でのメッセージが出て来て、講師の画像にかざせば講義の内容を動画で確認でき、学食の画像にかざせば自慢のグルメが動画で紹介される・・・という様な事を実践する事で、対象となる生徒に動画を見てもらう事が出来ます。勿論、動画を見た後で、オープンキャンパスの予約や資料請求の申し込みも出来ます。

 

 

ボールペンのような、紙媒体以外のグッズから動画を含む各種情報を見ることも、学生と学校を結びつける事となります。何時でもリアルタイムで動画のを変える事が出来ますので、一回目のオープンキャンパスに参加出来なかった学生にも、オープンキャンパスの実施状況を動画で配信出来ます。SNSとつないで、タイムリーに受験生のサポート情報を提供する事も出来ます。

 

 

深夜のラジオCM枠は、費用的にも安価になっており、多くの受験生が聞いている時間帯でも有ります。  『eYASHI』 サービスは、印刷物以外に音声からもコンテンツ情報を読む事が出来ます。ラジオの音声から自校の動画を出すことが出来ますので、効率的に多くの学生へ情報発信が出来ます。印刷物・グッズ・ラジオ放送の3種類の媒体を上手く連携させて、受験生に効果的な情報発信を行ってください。

 

Play
Slider

 

ラジオ音声サンプル(アプリを立ち上げ、音声にかざすと動画が出てきます)